01.2017

H. MOSER & CIE.(H. モーザー)がスイスに時間を取り戻す

時計に関する「スイス メイド」ラベルについての新規則を受け、2017 年 1 月 12 日、H. モーザー はスイス マッド ウォッチを発売しました。スイス マッド ウォッチは単なる時計を超え、一つの シンボルとなっています。この時計は 100% スイス製で、スイス高級時計の最高の力を体現して おり、真に価値あるすべてのものがこの名にふさわしいラベルに凝縮されています。このスイス マッド ウォッチと同じ精神を、ベンチャー スイス マッド モデルも共有しています。デザインも 同じですが、ホワイトゴールド ケースだけが異なっています。このケースは H. モーザー ウォッ チの特別な構成部品のひとつで、素材はスイス産ではありませんが、スイスで製造されています。

スイス マッド ウォッチとベンチャー スイス マッド モデルによって、H. モーザーは「スイス メイ ド」の時計に関する規則の不十分さを際立たせています。そのメッセージは、シンプルですが強 烈です。それは、「スイス メイド」には反対、「スイスらしさ」には賛成、というものです。 モーザー社は、2017 年以降に作られるすべての新しい時計のダイヤルから「スイス メイド」とい うラベルを撤廃することに決めました。これは、H. モーザー社の CEO、エドゥアルド・メイラン が中途半端な妥協には関心がないことを改めて証明する、大胆な戦略です。「私たちの時計は、 もはや『スイス メイド』ではなく、スイスそのものです。スイス マッド ウォッチの場合は 100% スイス製、その他のモデルもすべて 95% 以上スイス製となっています。ワニは、スイスのライン 滝の爽やかな空気は好みではないらしく、ストラップだけは外国製にせざるをえないからです」。 ベンチャー スイス マッドの場合、ケースの素材だけはスイス産ではありません。スイスには金鉱 がないからです。しかし、この時計のケースはスイスで製造されているので、材料の産地を考慮 に入れない現在の規則に従えば、この時計は 100% スイス製となります。ベンチャー スイス マッ ドは、レッド フュメ ダイヤルによってスイスの色を前面に打ち出しており、ホワイトのインデッ クスによってスイス国旗の白色の十字を連想させるものとなっています。これが牛革ストラップ と組み合わされます。このモデルは、ベンチャー ウォッチ ファミリーの典型的な特徴をすべて備 えており、1960 年代を思わせるカーブしたサファイア クリスタルを備えた凸状のケースは、歴史 的な H. モーザーの懐中時計にインスピレーションを得ています。

この時計の鼓動を刻む自社製手巻きキャリバー HMC 327 は「100% スイス製」です。サファイア ケースバック越しにはムーブメントを眺めることができ、時計の裏側のインジケーターには約 3 日間のパワーリザーブが表示されます。

ベンチャー スイス マッドは 50 個限定製造モデルです。