01.2017

H. MOSER & CIE.(H. モーザー)がSWISS MAD WATCH(スイス マッド ウォッチ)を発表:「SWISS MADE」ではないのに 100% スイス製 – HOLY COW!(聖なる牛:なんてこった!という意味を持つスラング)

スイス マッド ウォッチは、他に類を見ない象徴的な時計で、一番重要なのは 100% スイス製だという 点です。不遜ながら、これが自慢です。2017 年 1 月 1 日以降、時計に表示される「スイス メイド」と いうラベルが見直され、時計部品の 60% がスイスに出自を持てばよいことになりました。この不十分 なラベルの欠点を激しく批判してきたモーザー社は、真の独立系スイス時計メーカーを守るために立 ち上がりました。95% 以上の部品をスイスで製造している、シャフハウゼンに本拠を置くマニュファク チュール、モーザー社から見ると、このラベルは何の保証にもならない、甘すぎるもので、制度の乱 用を助長し、混乱を生み出すものでしかありません。こうした理由により、モーザー社は、2017 年以 降に作られるすべての新しい時計から「スイス メイド」というラベルを撤廃することに決めました。

スイスの時計メーカーが、スイスの材料を用いて、スイスで作った時計。スイス マッド ウォッチは、 「スイス メイド」の議論に正面から挑み、このラベルに隠された真実を暴くという、象徴的な価値を 持っています。この比類ない時計によって、モーザー社は「スイス メイド」を従来の高い基準に戻す ことの重要性と緊急性を、実物によって示します。「スイス メイド」の基準の馬鹿げた愚かな変更を 受け、この問題に対するモーザー社からの風刺に富んだコメントの意味を込めて、100% 天然で紛れも なく完全にスイスに存在する貴重な資源の一つに脚光を当てることにしました。それは牛です。スイス マッド ウォッチのケースは、金賞受賞の本物のスイスのチーズ「ヴァシュラン モン ドール」を基礎材 料として作られています。これを革新的な複合材料 itr2© に追加してから、機械加工と研磨を施し、モ ーザーのサインを添えて仕上げられます。ストラップに関しては、当然ながらスイス産の牛革が選ばれ ました。ダイヤルはレッド フュメで、12、3、6、9 時位置にダブル インデックスを配置し、それとな くスイスの国旗が連想されるようになっています。こうしてできた時計は、圧倒的で、何にも媚びない 、驚嘆すべき出来ばえで、完全にスイス製となっています。

挑戦的というべきでしょうか。「そのとおりです」と、モーザー社の CEO、エドゥアルド・メイランは 答えます。「スイス マッド ウォッチは、スイスの時計産業、権威、そして時計ファンに対し、明確な メッセージを送っています。『スイス メイド』というラベルは意味がありません。それどころか、時 計産業における最悪の乱用にお墨つきを与えてしまいます。このいい加減で不十分なラベルに対する当 社の答えは、嘲笑することです。モーザー社では、真のスイス時計、すなわち時計製造の伝統と数世紀 にわたる経験に根ざした時計を作っています。当社の時計の品質は、誰の目にも明らかであり、ラベル は必要ありません。もはや『スイス メイド』ではなく、スイスそのものなのです。スイス マッド ウォ ッチの場合は 100% スイス製、その他のモデルもすべて 95% 以上スイス製です」とエドゥアルド・メイ ランは締めくくります。

スイス マッド ウォッチは、2017 年 1 月 16 ~ 20 日に開催される国際高級時計見本市(SIHH)で展示さ れます。これは、この比類ない時計を鑑賞する理想的な機会となります。価格は 108 万 1,291 スイス フ ランで、これはスイス建国の日である西暦 1291 年 8 月 1 日を踏まえたものです。この時計の販売によ る収入は、現在困難な経済情勢とアジアへのアウトソーシングで苦しんでいる独立系のスイス時計製造 サプライヤーを支援する基金の創設のために全額使用されます。こうしたサプライヤーは、伝統的なス イスの時計製造を今に受け継ぎ、そのたえまない進化に貢献している、本当の職人たちなのです。

「スイス メイド」のラベルに価値を取り戻す当社のキャンペーン – #MakeSwissMadeGreatAgain – にご参 加ください。