エンデバー

フライング トゥールビヨンを備えたミニッツリピーターが回転する様子は、時間のチャイムを鳴らすための複雑なメカニズムが踊る「バレエ」のようです。H. モーザー社のエンデバー・コンセプト ミニッツリピーター・トゥールビヨンでは、ミニッツリピーターの 2 個のチャイムとハンマーの動きをダイアル側から見ることができます。つまり、耳と目の両方で魅力が感じられる時計です。シャフハウゼンに拠点を置く H. モーザー社は、本質への回帰を提案しており、このコンプリケーションの美しさを最も純粋な手法で紹介しています。ロゴもインデックスもないブラックラッカー仕上げのダイアルでは、ダイアルと金属素材が印象的なコントラストを生み出し、ハンマーとチャイムが精密な動作を披露します。2005 年から続く H. モーザーブランドが開発した意欲的な技術である 14 個目のキャリバーを使用しています。

リファレンス
1903-0200
ケースの素材
ソリッド 18K ホワイトゴールド
ダイアルカラー
ブラックラッカー仕上げ
ケースバック
シースルー サファイア
バリエーション
 -
BASE_1903-0200
技術仕様 :

ケース
– 直径:43.0 mm、厚さ:14.0 mm 
ダイアル
– ダイアル側にハンマーとチャイム
– リーフ型針の時針および分針
ムーブメント
– 手巻き HMC 903 キャリバー
– 振動数:21,600 振動/時
– パワーリザーブ:90 時間 
– プレートとブリッジ上のダブル モーザーストライプ 
– 手作業による仕上げと装飾が施されたムーブメントおよび部品 
– 6 時位置のミニッツ フライング トゥールビヨン、スケルトン加工ブリッジ
– ミニッツリピーター
機能
– 時、分 
– 時間、1/4 時間、分をチャイムで告げるミニッツリピーター
ストラップ 
– 手縫い、レッド ライニング付きブラック アリゲーターレザー
– 18K ホワイトゴールドのピンバックル、Moser ロゴのエングレービング